スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖剣使いの禁呪詠唱

「転生せし者」
1話から何やら意味深なタイトル。
因みにこのアニメの9割の視聴層である小学生の皆の為に解説をすると、
「転生」とは「生まれ変わること」
「~せし」とは「転生す」というサ変動詞に、過去の助動詞「き」の連体形「し」が付いたものだ。(うろ覚え)
ここら辺からもこのアニメが高尚なものであることが理解できただろう。
さぁ、気合を入れてみていこう。

主人公、冒頭から何かを思い出します。視聴者は何も思い出せません。
次に炎の中に囚われる美少女。恐らくこれは新井さんリスペクト。広島カープのフーリガンにボコボコにされないことを3回祈ります。
お次は黒髪の美少女、凍死します。

書いて詠唱って凄い斬新だと思いません?
前のクールで「棺姫のチャイカ」というアニメがあったんですが、その主人公「チャイカ・トラサルディ(うろ覚え)」は敵の有効射程外から存在を隠して一方的に初撃を加えることのできる武器を使用していたのですが、何故か彼女は攻撃前に声に出して詠唱をして敵に自分の存在を知らせ、引き金を引くという、どう考えても彼女の武器の利点を明後日の方向に投擲した挙動を取ります。
この時の驚きに匹敵する驚きを、開始1分で精剣使いから感じました。間違いありません、覇権です。

そうこうしている間に討伐完了。
「半年前」という時間跳躍。ここで僕の思考も7次元に跳躍します。
そこから3分記憶はないんですが、恐らく「主人公には前世の記憶があります、そして強いです」と言うことを3分近い映像で示したのでしょう。
気が付いたらピンクの髪が1分で好感度マックスになってて、倒れていた女にキスされてました。

俺をそんな目で見るなお前ら、全て真実だ。
一応擁護をしておくと、原作ではこんな頭が割れそうなほどの急展開ではないのだと思います。
12話で纏めるとは、かくも難しいことなのだ。


どうやらキスは人違いだったようです。それなら何の問題も無い。
主人公「キスは女の価値を摩耗させる」
これには女性声優陣もブチギレディ。
6畳間の侵略者2期あくしろ。

不思議な力の源は「プラーナ」or「プラーガ」らしいです。
プラーナだとサンスクリット語で「息吹」、プラーガだとバイオハザードですね。

当然の権利の如く不良とヒロインが練習試合(バトル)。
どうせ後々主人公が助けに入るから。
俺のプラーナがそう言っている。


主人公「助けには来ませんけど、慰めには来ました!どうも僕です!」
そこに痺れる憧れる、なりたくはない。

ピンク「私の村は何度もメタフィジカルに襲われた…」
ワイ「(もしかして家族が…)」
ピンク「その所為で何度も引っ越した(解決)」
ワイ「」
ピンク「その所為で友達もできなかった!」
ワイ「いや、さっきの空気の読まなさは自業自得では…」

俺がもしかしてサイコパスだからですかこの感情の不一致は????

このヒロイン2人の関係性、完全にキリノとクロネコ…じゃない…!?

もしかして俺はギャラクシーエンジェルを見ているのか!??!!?
ギャグアニメじゃねーかこれ!

そしてラノベ主人公特有の感情の切り替えと達観。
お前何歳だよ。
前髪にフケ付いてんぞ。

覚醒フラグ来ましたね。
主人公の連撃、しかし遅い。
これではSAOで生き残ってはいけない。やっぱり松岡君って神だわ。
でもまぁ安易に覚醒しない点は評価したい。
ってするんかーーい!!
もうED???えっ???
refeiaの絵ってそんにアニメ化難しいのかな?
うんうん…うん…??
おぅ…



2話も見ます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。